契約時に敷金や礼金がかからない物件とは

不動産

契約時に敷金や礼金がかからない物件とは

不動産の賃貸契約時に、敷金0、礼金0を提示しているゼロゼロ物件があります。
敷金とは、家賃滞納時の回収や借り手の不注意による破損や汚れなどの修繕費として充てられるもので、家賃の滞納や修繕の必要がなければ退去する時に返金されます。
礼金は、物件を貸してもらうお礼として貸し手に支払うもので、退去時に返金されることはありません。
ゼロゼロ物件では、敷金と礼金が不要なので、その分を引っ越し代や家財道具などの購入代として使うことができます。
また、初期費用を減らすことができるので、入居者を集めやすいというメリットがあります。
但し、退去時に修繕費やクリーニング代を請求されたり、一定期間に満たずに退去すると短期解約違約金を請求されたりすることがあります。
ですから、破損に関する原状回復やクリーニングなどの、家賃以外の費用の発生や解約違約金に関する条件などの、特約条項の有無や支払いの時期などを確認するために、契約前に受ける重要事項説明書の内容をよく理解してから契約することが重要です。

お知らせ

一覧