かつての高級住宅地の地価が下落している

不動産

かつての高級住宅地の地価が下落している

土地にはそれぞれ地価があります。
いろいろな基準がありますが、あくまでも基準になるので実際に売買する価格とは異なります。
ただ、上がっているか、下がっているかなどは基準地価の変動でわかります。
都市部に近くて、それなりに住宅地として整備されたところは、高所得者がこぞって購入して入居をしました。
たちまち高級住宅地になったとされます。
では、高級住宅地は今も高級住宅地のままかですが、少しずつ変化が出てきています。
高級住宅地の特徴として、都市部と適度に距離があり、街中が整備されて管理されていることでしょう。
都市部に出れないことはないですが、少し時間がかかります。
整備管理されるのはいいですが、され過ぎているため高さ制限や商業施設が少なくなります。
高級住宅地にはコンビニなどがあまりないとされています。
今の高所得者はコンビニなども利用するので、かつての高級住宅地を避けるようになり、少しずつ人気が下がってきているようです。
時代の流れと言えるでしょう。

お知らせ

一覧